忍者ブログ
どこにでも居る…とある家族の日常です、暇つぶしにど~ぞっ♪
カテゴリー
 ◆ あふぉ娘(43)  ◆ ぶぁか親(83)  ◆ ぶぉけ婆(9)  ◆ ぼやき(78)
 カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 写真で日記
 最新コメント
[12/30 みゅ~]
[12/27 まき]
[12/25 まき]
[12/23 ぱんだ]
[12/22 ぱんだ]
 ブログ内検索
プロフィール
HN:
なおさゆ
年齢:
45
性別:
女性
誕生日:
1972/10/14
職業:
某食品売り場担当&ぐぅたら主婦
趣味:
食う・寝る・遊ぶに散財しるっ!
自己紹介:
最近、にょきにょきと読者が増えてる気がします…。(汗
何でこんなしょ~もない日記に読者がいるんだか。(謎

通りすがりであろ~が、常連さんであろ~が…。
ツッコミ入れたくなったらご自由にど~ぞっ♪
コメントあれば、激しく喜びます。
もちろんお礼参りもきっちりさせて頂きますっ♪(ぇ

飼い主のはげかっぱに牙を向けつつ、珍獣(画像参照:現在7歳)を飼育しとりまつ。
関西在住の×1、そのうち人生で4度目の名字が変わる日が来るかも知れません。

余程でない限り、根に持つよ~な事はしません。
が、理不尽な事に対してはもんすげぇ~噛み付きます。
場合によっては、暴れます。(笑
その他もろもろ…






edita.jp【エディタ】














お天気情報
[95]  [93]  [92]  [91]  [65]  [64]  [57]  [56]  [62]  [60]  [59
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

売り場にて。

送り込み商品が届いた。
ので、売らなきゃいけね~ので無理やり場所作って出してたら?

 『ちょっとっ! おばちゃんっ!

ん? おばちゃん? わしのことか?

振り向いた先には、わしの親父くらいな年齢のおっさんが…。(汗

 『いらっしゃいませぇ~♪ 何でしょ~か?』

とりあえず、営業スマイル…できるかっ!
引きつり笑い浮かべつつ、用件を聞く。

 『あ…ねぇ~ちゃん、あそこ水浸しでな? わし濡れたがな』

言い直したな? おっさん。
確実に言い直したな?

 『あぁ~あの台のところですか?』
 『せや、あれで濡れて気持ち悪いねん、雑巾貸してくれんか』

見ると草履履いてるおっさん、足が濡れたとか言うが…。

 濡れてるよ~に見えないのは…気のせいか?

草履も足も濡れてるよ~に見えねぇ。
わし目悪いが眼鏡かけずに仕事しとる。
それにしても濡れてるかど~かくらいは見えるっちゅ~ねん。

でも、濡れたと言うのでしょ~がねぇ。

 『ちょっと待ってくださいね~♪』

まぢで雑巾持って来てやろ~か…とか思うたが…。
ソコは一応お客さま、そ~ゆ~訳にはいかねぇ。
ので、まっさらな布を箱ごと持ってきて渡す。←遠まわしに嫌味

 『あっこやで、拭いときや』
 『わざわざありがと~ございます~♪』

おっさんの足拭いた後の布なんかいらねぇ~よ…。
とか思いながらも、もらって一旦裏へ引っ込んだ。


 …もらった布、いっこも濡れてね~けど?

何だか今頃になって、おばちゃんとか言われたのを思い出したよ。
わしの親父の年のよ~なおっさんにおばちゃん言われる筋合いねぇっ!

ムカツクので、水浸しの犯人である台の担当に文句言う。

 『あの台さ~またしっこ垂れとんで~、わしおっさんに足濡れたとか文句言われたっちゅ~ねん』
 『えぇ~っ! 昨日課長が替えた言うてたがな』
 『でもさっき見たらしっこ垂れとったがな、しかもおっさんにおばちゃんとか言われるし』
 『…おまえのキレてるのは…ソコかっ!』
 『そ~や? だから?』
 『だからってな…うちに言うなっ!』
 『うっせ~、あんたんとこの台やろ~っ!』

こんな会話をしていたら?
ケンカしてるのかと思った、社員が慌てて走って来た。

 『どこですの?』
 『あぁ~ソコの台…』
 『おしっこした子は?』
 『…あ…そ~ぢゃなく…台から水が漏れますねん、だから台がしっこしたと(汗』
 『とりあえず拭かんとな、掃除のおばちゃん呼んで来るわ』
 『わしゃ~売り場で監視係りかよ…』

ってことで、売り場に戻った。
ら、さっきのおっさんがソコに居る…。

 『ねぇ~ちゃん、ここやで』
 『はい~知ってます~、今から拭きますんで…』
 『まだ濡れとるわ、さっきの貸して?』
 『このサラどうぞ? 持って帰られても構いませんので』

うぜ~よおっさん、とっととどっか行け。
とのごとく、布渡したら納得したらしく帰ってった。

さて…ここの掃除だな…。
ってゆ~か、掃除のおばちゃんはまだかよ…。

待ってる間にドコが原因か調べる。
昨日替えたんだろ? 何でまたしっこ垂れるんだよ…。

台の下を開けて捜索してると、掃除のおばちゃん到着。
社員も一緒に来たよ。

とりあえず拭いてもらいつつ、元凶を探す…。

 『あっ! ここやっ!』
 『え? どこ?』
 『コレですやん、コレだけ桶が浅いですやん』
 『ほんまやね~』
 『他のは深いけど…時間の問題かも…』
 『ど~しましょ…』

ど~しましょ…ぢゃね~よ、社員。
水捨てたらえぇんやろ、あふぉか?

 『バケツっ! それにモップっ! 後、雑巾っ!』

何でわしが指示せんならんねん…。
たまたま掃除のおばちゃんがフルセット持ってたので、そのバケツ借りて水を捨て…。
って、それ捨てる時にさ、何でそんなにこぼすんだ? 社員。
も~ちょいこぼさず捨てれるだろ…。

無駄に余計に水浸しになった床をモップで拭いて…。
汚くなったそこらを雑巾で掃除して、完了。

 …わし、何屋さんやねん…

一通り終わって。

 『あれ、毎日抜いてやらんならんで?』
 『だからダレが?』
 『ご担当者のあなた様が~』
 『何でそこまでせんならん?』
 『知るかよ、そんなん』
 『ってゆ~か、あの社員使えんな…』
 『今まで使えた試しないやんけ…』
 『だな…』

ほんま、居るだけうざいっちゅ~ねん。
まぁもう一人のおばはん社員よりはさ。
まだ重かろ~がめんどくさかろ~が仕事するのでマシか?
それでも50歩100歩かも…。

 『で、おばちゃん言われたのでキレんな、こっちが迷惑や』
 『あのな? まだちびの友達とかに言われるなら判るで? でも言うたのはな? わしの親父くらいの年のおっさんやっ! 言われる筋合いないっ!』
 『言い直したんやろ?』
 『まぁ…なぁ…』
 『ぢゃ、えぇやん』
 『ぢゃ、最初から言えよ』
 『後ろ? 横? から見たらおばちゃんやったんやろ』
 『どこが? この細くて若いわしを捕まえてっ!』
 『細くてもおばんはいっぱいおるからな』
 『だいたいやな、最近はちびの友達でも”さゆちゃんのおかぁさん”って言い方してだな、おばちゃんとは言わんっちゅ~ねんっ! それを何? あのおっさんっ!』
 『判った、判ったぁ~っ! あぁ~コイツうるさ~っ!』
 『うがぁ~っ! ぶり返して来たっ! さっきの掃除も手伝って余計に怒りは収まらん~~~っ!』

ま、ものの30分で収まりましたけどね。

何気におばちゃんと言われたのが、ショックでした。
自覚がない訳ではないんやけどな、おっさんにおばちゃん言われたのがショックでした。

 …明日から化粧でもして行くか?

恐らく問題はソコではないとは思いますがね…。(涙
化粧したからって、おばちゃんがおねえちゃんになる保障もありませんがね…。(涙

そもそもおばちゃんはドコからなのか?
年か? 35歳超えたらなのか?
なら、わしはまだあと2ヶ月は違う。←往生際悪い

それとも見た目か?
見た目でもそんなに行ってるよ~にはないはずやが?
これはわしだけが勘違いしとるのか?
わしの周りみんながこんな(40歳超えてもおにいちゃんとちびに言わす奴とかばっか)だから、感覚が麻痺しとるのか?

そろそろ自覚が必要なのかも知れません。
明日からちょっと自覚しるとします、おばちゃん年齢だと…。
PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
URL:
comment:
password: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

ILLUSTRATION BY nyao