忍者ブログ
どこにでも居る…とある家族の日常です、暇つぶしにど~ぞっ♪
カテゴリー
 ◆ あふぉ娘(43)  ◆ ぶぁか親(83)  ◆ ぶぉけ婆(9)  ◆ ぼやき(78)
 カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 写真で日記
 最新コメント
[12/30 みゅ~]
[12/27 まき]
[12/25 まき]
[12/23 ぱんだ]
[12/22 ぱんだ]
 ブログ内検索
プロフィール
HN:
なおさゆ
年齢:
45
性別:
女性
誕生日:
1972/10/14
職業:
某食品売り場担当&ぐぅたら主婦
趣味:
食う・寝る・遊ぶに散財しるっ!
自己紹介:
最近、にょきにょきと読者が増えてる気がします…。(汗
何でこんなしょ~もない日記に読者がいるんだか。(謎

通りすがりであろ~が、常連さんであろ~が…。
ツッコミ入れたくなったらご自由にど~ぞっ♪
コメントあれば、激しく喜びます。
もちろんお礼参りもきっちりさせて頂きますっ♪(ぇ

飼い主のはげかっぱに牙を向けつつ、珍獣(画像参照:現在7歳)を飼育しとりまつ。
関西在住の×1、そのうち人生で4度目の名字が変わる日が来るかも知れません。

余程でない限り、根に持つよ~な事はしません。
が、理不尽な事に対してはもんすげぇ~噛み付きます。
場合によっては、暴れます。(笑
その他もろもろ…






edita.jp【エディタ】














お天気情報
[16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

は、爆眠日っ!

っちゅ~ことで、今週は水曜日お休みもらえました。
っつ~か、水曜休みくれな死ぬって…。

で、朝一回起きたんですがね、ちび学校に追い出すのに。
学校行った瞬間また寝てだ。
起きたらちび学校から帰って爆眠してたのは…何で?

そ~いや~今日から短縮授業だとか言うてたな。
っちゅ~か、ゆとり教育とか言ってだな。
昔から比べると内容も進むスピードも比べ物になんないくらいやのにさ。
な~に~が短縮授業やねん。
勉強しろっちゅ~ねん、全く。

ここでわしらが学校行ってた時の事を思い出す。

確かわしが小学校に行き出した頃にはみんなひらがなくらいは読み書きできたよな。
学校で1からひらがななんてせんかったよな。

数字も100くらいまでは数えれてたはずで…足し算からいきなり入ったはずなんやがな。
一応おはじきとかはあったけど~そんなのあんまり使わずに教えてもらってたよ~な…。

教科書に至っても…。
わしらの時代の教科書はもっと字が多かったよ~な気がしる。
1ページ目は『さくら、さくら』みたいな、いきなりひらがな書いててだな。
それ読んでた記憶があるんやがな~。

今は殆どが絵で、これって絵本? みたいな。
いや、絵本も物によっては教科書よりよ~さん字が書いてるぞ? みたいな。

しかし、一番びっくりしたのは…。
理科と社会とが今は1つの教科書になってるんですね、1年生は。
『せいかつ』ってな題目で…。
それも何だか絵本のよ~な教科書…。
コレでど~勉強しるんだ? とか思うのは…わしだけ?


ゆとり教育もえぇとは思いますがね。
おかげで塾に行く子と行かない子での差が…格段ですわ。
昔は勉強は学校で教えてもらうもの、遅れたら塾に行け。
的な感じやったんですが…。
今は親が手を抜いたらどんどんあほぅに子供がなるしくみですわ。

…とか書いたら反発くるかいの~。(汗

うちのちびは…。
親が親なので、期待はドコにもしとりませんが…。
人並みくらいはど~にかなるだろ~とも思うので…。
とりあえず、わしが勉強教えるのはケンカになるからくもんへ行っておられます。
ご機嫌で通ってるあたり…違う意味でヘンな奴。(笑

この通ってるくもんの先生が、これまた良い先生でして。
今の教師みたいに保護者にびくびくしてないところがGOOD!
勉強中に寝てる生徒見かけたら、そこの本で頭殴るっ!
こんな先生今時いませんって。
ちびも『怖いけど好きぃ~♪』とご機嫌なわけが判りますわ。


今から考えると…。
良い先生ってのは、本気で怒ってくれる先生なんかもね。

わしがピアノ習ってた先生。
この先生はめちゃ怖いっ!
爪切って行かないと、玄関で帰れっ! と門前払いは当たり前。
練習して行かないと、何で来たっ! と差し棒で手を叩かれる。
もちろん手には赤ぁ~いミミズ腫れが…。

この先生、ちゃ~んと生徒のこと見てる。
わしと一緒に通い出した近所の子には、ここまで怖くない。
練習してないの、ぢゃ~ええよそのままし~って…どないやねんっ!
やる気のあるなしを最初から見てたんだろ~ね…と今なら判るがさ。

一度、辞めるっ! と大騒ぎした、わし。
ど~にもこ~にも、一緒に通ってる近所の子との扱いの違いにむかついたっ!
ので、練習しる気もこれぽっちもなしっ! 状態のわしを見かねて…。

その状況を先生に伝えた、我が親。(汗
何も知らずにいつものごとく行くと、玄関で、

 『帰れ』
 『何で?』
 『練習してないやろ、帰れ』
 『嫌や』
 『か・え・れっ!』

何でこんな扱いされんならんねんっ!
と子供心に思ったわしは…家に帰って、

 『辞めるんぢゃぁ~っ!』

と大暴れ。

その後、先生から電話あり…。

 『辞めんの、ど~ぞ』
 『…辞めへん…』
 『あっそ、ぢゃ今度辞める言うたら破門な』
 『はい…』

小学校3年生の子供に破門の意味は判らないけど…。
何かヤバイ聞こえ方したことだけは、覚えてる。(笑

以後、どんなに怒られて、

 『辞めろっ!』

と先生に言われても…、

 『ダレが辞めるかっ! 意地でも来てやるっ!』

と答えてたわしがいましたとさ。

この先生、わしの性格よ~見抜いてたな…。(笑


今でこそ思う、この先生の良さ。
この先生だったから、わしたかだか4年通っただけでそこそこ弾けるよ~になったんかもね。
だって他の子はわしより長く通ってても…わしより下手な子いっぱい居たし。

中学なって勉強のほ~がヤバクなったので辞めたけど…。
今から考えると辞めたのもったいなかったかな…と。
ちと、後悔したりしる。

こないだ、商店街で先生に逢った。

 『娘おるんか』
 『はい、娘も最近ピアノに興味持ち出しましたわ』
 『みんないっぺんは通る道や』
 『ですね、だからやる気あるよ~なら習わせようかと』
 『アンタ教えたらええやん、教えれるくらいは私が教えたはずや』
 『忘れまし…』
 『な・ん・だ・っ・て?』
 『いゃ…親が教えるとケンカになるので…そのせいで興味ある物を嫌いな物にしたくもないし・・・』
 『確かにそ~かもね』
 『なので、やる気あるよ~でしたらまた先生にお願いしますわ』
 『アンタの子供やろ? 親に似て出来悪そうやな』
 『うっせ~な…』
 『でも、教え甲斐があるわ、しごきまくったるから連れておいで』

口は相変わらず悪いけど…やっぱりこの先生はすごい先生でした。

後でちびに聞いたら、

 『ピアノ習う?』
 『ん~習いたい思うたけど…さっきの先生嫌や』

と返事来たのは…やっぱりちびにも判るってことか。


何事も途中で辞めるなっ!
わしがちびに良く言うことですが…。
わしが途中でピアノ辞めたのが、心残りなのが原因だったりしるのは…。
わししか知らない、内緒の話。
PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
URL:
comment:
password: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

ILLUSTRATION BY nyao